利用方法利用方法

「EFO CUBE for カラーミーショップ」は、株式会社GeeeNが提供するEFO CUBEをカラーミーショップ限定カスタマイズで提供しておりますので、アプリインストール後、有効化すればすぐに購入フォームにEFOを適用できます。

導入手順説明動画:約1分40秒



アプリのインストールは こちら からお願い致します。

購入フォームに対して入力支援機能(EFO)を実装し、フォーム入力時のストレスを緩和することでフォームの離脱率を軽減し、コンバージョンの最大化を図ります。

また、入力項目毎の詳細な分析レポートで、離脱原因の特定も可能です。

下記に、特徴的な機能を紹介します。

入力補助機能 特徴1 ・・・業界最多数の入力補助機能を搭載

EFO CUBEでは業界最多数である26個の機能を搭載

フォームと一口に言っても、商材・ターゲット・デザイン・サイトの仕様などによって訪れるユーザーは異なるので、同じ入力補助機能を使っていても必ず正しい成果が得られるわけではありません。EFO CUBEでは多彩なフォームに対応するために、業界最多数である26個の入力補助機能を搭載しています。カラーミーショップ限定カスタマイズで提供しておりますので、アプリインストール後、有効化するだけで利用可能です。

GIFアニメーションです

入力補助機能 特徴2 ・・・外部ID連携機能

業界初の「ドコモかんたん入力」など3つのID連携機能を搭載

ボタンをクリックするだけで連携しているアカウントへと登録されている情報が入力フォームへと反映される機能です。
ユーザーの負担を減らすことができ、離脱率の低下に役立ちます。

入力補助機能一覧(一部抜粋)

ふりがな自動入力

氏名入力時に、自動でふりがなが入力される。

メアドサジェスト

メールアドレス入力時に@以降の文字列から、候補を表示して選択されたドメインを自動入力する。

必須項目の入力エラー背景色

必須項目の入力エラー時の背景色を指定。

入力値自動変換

項目に設定した書式に応じて、カタカナ→ひらがな、全角数字→半角数字など、入力した値を自動で変換する。

住所入力補助機能

郵便番号を入力したら、自動で町名までの住所を入力。入力途中でリストからも選択可能。

ドメイン存在チェック

メールアドレス入力時にそのメールアドレスのドメインが存在するか判断する。

初期項目自動フォーカス

ページアクセス時に、自動で初期項目にフォーカスし、入力開始を行いやすくする。

サブミットブロック

画面にエラーがある状態では、送信ボタンを押せないようにする。

入力成功サイン

項目への入力が成功した際に、項目の横にサインを表示し、完了をお知らせする。

残り項目数表示

ページ内の残り必須項目をカウントして表示。リアルタイムで増減する。

リアルタイム・アラート

項目に設定した書式に応じて、フォームの項目上にエラーメッセージを表示する、バルーン型メッセージボックス。

placeholder(入力例の表示)

テキスト項目の中に入力例を表示する。

Yahoo!JAPAN ID連携

Yahoo!Japanと連携し、ワンクリックで簡単に基本情報がフォームに入力される。

Facebook ID連携

Facebookと連携し、ワンクリックで簡単に基本情報がフォームに入力される。

docomo かんたん入力※

docomoと連携し、ワンクリックで簡単に基本情報がフォームに入力される。

focus時に表示するメッセージ

項目にフォーカスがセットされたときに吹き出しを使って、登録したメッセージを表示する。

会社情報自動入力※

会社名を入力するだけで、会社情報を入力フォームに反映・分析する。

※「docomo かんたん入力」「会社情報自動入力」は別途費用がかかりますので、詳しくはお問い合わせください。

データ解析機能 特徴1 ・・・ユーザーのフォーム離脱を3つに分類

3つの離脱の割合を把握し、改善すべきポイントを明確化

ユーザーが離脱してしまう原因は様々です。
EFO CUBEでは離脱を「未入力離脱」「入力途中離脱」「入力完了離脱」の3つに分類することで項目ごとの問題点を明らかにし、改善案の作成に役立てます。

<離脱の種類>
・未入力離脱 まったく入力せずに離脱したセッション数
・入力途中離脱 入力を開始したが、必須項目全ての入力が完了する前に離脱したセッション数
・入力完了離脱 必須項目全ての入力が完了し、エラーもない状態にもかかわらず離脱したセッション数

サマリーグラフでは指定した期間の全体・新規・再訪それぞれのユーザーごとの離脱状況をひと目で確認できます。

日別のグラフではフォームで起きている変化の要因が曜日や季節に起因しているのかを確認することができます。

データ解析機能 特徴2 ・・・フォームに存在する項目単位で分析可能

項目ごとにエラー回数、エラー詳細内容までを細かく分析

計測対象となるフォーム全ての項目が計測対象となります。どの項目が何回フォーカスされ、エラーが何回、未入力が何回といった情報を取得します。

また、EFO CUBEでは、「書式チェックエラー」「桁数エラー」など項目ごとのエラー詳細内容も分析することが可能です。

これら詳細なデータはフォーム改善の根拠となる重要な財産となります。

データ解析機能一覧

月別/統計分析

対象フォームのフォーム表示回数、未入力離脱、入力途中離脱、入力完了離脱、CV数などを、月別で確認できる。

日別分析

対象フォームのフォーム表示回数、未入力離脱、入力途中離脱、入力完了離脱、CV数などを、日別で確認できる。

項目別分析

対象フォームのフォーム表示回数、未入力離脱、入力途中離脱、入力完了離脱、平均滞在時間などを、項目別で確認できる。

デバイス別分析

対象フォームのフォーム表示回数、未入力離脱、入力途中離脱、入力完了離脱、CV数などを、デバイス別で確認できる。

曜日別/統計分析

対象フォームのフォーム表示回数、未入力離脱、入力途中離脱、入力完了離脱、CV数などを、曜日別で確認できる。

ページ別分析

対象フォームのフォーム表示回数、未入力離脱、入力途中離脱、入力完了離脱などを、ページ別で確認できる。

ブラウザ別分析

対象フォームのフォーム表示回数、未入力離脱、入力途中離脱、入力完了離脱、CV数などを、ブラウザ別で確認できる。

滞在時間分析

入力項目のフォーカス時間を分析できる。

新規・再訪ユーザー分析

新規別・再訪別の分析ができる。(再訪の定義は、前回のアクセスから60日以内のアクセス。)

ID連携分析

対象フォームのID連携利用状況が確認できる。

エラー詳細分析

各項目のエラーの数とその内容を分析できる。

IPアドレス除外

関係者のログが集計データに反映されないように特定のIPアドレスを集計から除外する。

弊社EFO CUBE導入後の
改善実績

お申込み率14.7%UP
お申込み率24.1%UP
商品購入率率27.1%UP
資料請求率23.5%UP